大分県湯布院温泉観光旅行情報

トップページ > 下ん湯

下ん湯

 湯布院温泉の外湯と言えば何と言ってもこの下ん湯(地図)でしょう。湯布院温泉観光には必ず立ち寄る金鱗湖のほとり北側にあり、かやぶき屋根のこじんまりした建物が下ん湯です。湯布院温泉の観光パンフレットには必ずと言っていいほど掲載されている観光スポットでもあります。下ん湯は混浴の共同浴場で、観光客でも誰でも入れます。200円を入口の募金箱のようなところに入れて中に入りますが、入口もまた古めかしい感じです。

 入口は一つで、扉を開けるとすぐ竹製のついたて越しに目の前に内湯と外湯が見えます。ついたてをよけて中に入ると真中に内湯があり、その左右には着替えを入れる棚とその下に下駄入れがあり、端の方にイスがあります。要するに着替えるところが内湯のすぐ目の前で、内湯から着替えが丸見えという感じです。ですから女性は厳しいでしょうね。床は平らで大きめの石のタイルのような感じです。

 入口の反対側の壁面は扉がない状態で、下の写真を見ていただくとわかる通り外と筒抜けになっていて、その壁あたりからその外側にまで露天風呂の湯船があります。そこからは金鱗湖がよく見渡せ露天風呂につかりながら景色を楽しめます。下ん湯の温泉は無色透明で泉質は単純泉、効能は神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩に効くとされています。

 下ん湯は男女混浴で、簡単に中を見られるので多くの観光客が中を見て回ります。昼間は特にそういう観光客ばかりなので、女性はかなりの勇気がないと入れないでしょう。それでも、古き良き昔の風情がある共同浴場そのままと言う感じです。


写真左手の湯気があるところが金鱗湖です。 目の前の金鱗湖に流れ込む川は温泉が流れていて、写真の屋根の下では地元の人が洗濯や野菜を洗ったりしています。 金鱗湖の方から見た下ん湯。写真右側の川の上に屋根があるところが、地元の人が野菜を洗ったり洗濯したりするハエ川洗濯場です。
下ん湯の中、手前が内湯、奥が外湯です。 写真では見えませんが写真の左右に着替えロッカーがあります。
トップページへ
大分県湯布院温泉観光旅行情報写真でみる国内家族旅行情報問い合わせ
copyrightc hirosuke  All Rights Reserved.